JM&COMPANY official site

会社概要

会社略歴[平成29年(2017年)現在]

【正式社名】
株式会社ジェイエムアンドカンパニー

【住 所】
〒104 東京都中央区銀座4-14-4-201

【HPアドレス】
http://www.jmcom.co.jp

【設 立】
平成3年(1991年)4月1日

【代表取締役】
伊集院じゅん

【取締役】
袴田博典

【資本金】
1,000万円

【決 算】
2月

【従業員】
9名

【取引銀行】
三井住友銀行(築地支店) みずほ銀行(築地支店)

 

◆役員経歴
代表取締役社長 伊集院じゅん
東京芸術大学美術学部芸術学科卒業
平成3年(1991年) 有限会社JM&カンパニー設立
平成10年(1998年) 有限会社を株式会社に改組

取締役副社長 袴田博典
京都大学経済学部卒業
モルガン銀行(現JPモルガン・チェース)入社
モルガン信託銀行に配属され、株式アナリスト、株式トレーダーを経験
平成6年 JM&カンパニー入社 平成10年から取締役就任

 

<ロゴマーク>

仕事のうえで大切にしたいjapaneseとmindで「JM」。
ロゴマークは“心”と“人”という文字をもとにイメージ。
美しい自然のなかで育まれた日本人の美意識その結晶
である感性と知恵を大切に仕事と関わっていくこと。

 

 

 

 

<仕事紹介>

<事務局対応、チケット販売、事業運営>
イベントの実施計画立案。プロデュース業務。告知から当日までの事務局運営、当日の事業運営全般、および応募者の受付業務。

(例)

【国際宇宙ステーションリアルタイム交信イベント等】
①名称:コニカミノルタ“天空”未来プロジェクト2016
実施:2016年9月20日
主催:天空未来プロジェクト2016実行委員会
特別協賛:コニカミノルタ株式会社
協賛:札幌駅総合開発株式会社、株式会社福岡サイエンス&クリエイティブ、コニカミノルタプラネタリウム株式会社
企画協力:株式会社講談社、株式会社コルク
協力:国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)

②名称:スペース・キッズ・プラットホーム2016
〜JAXA大西卓哉宇宙飛行士の国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在におけるリアルタイム交信イベント〜
実施:2016年8月30日
主催:公益財団法人日本宇宙少年団(YAC)
共催:上田創造館、サイエンスヒルズこまつひととものづくり科学館、宮崎科学技術館
特別協賛:三菱電機株式会社
協力:国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)

③名称:ブラザーアーストーク 〜JAXA油井宇宙飛行士とリアルタイムで交信〜
実施:2015年11月10日
主催:名古屋市科学館
共催:釧路市こども遊学館、郡山市ふれあい科学館、葛飾区郷土と天文の博物館、伊丹市立こども文化科学館、明石市立天文科学館、倉敷科学センター
特別協賛:ブラザー工業株式会社
協力:国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)
技術協力:ブラザー工業株式会社

④名称:若田宇宙飛行士の宇宙滞在におけるリアルタイム交信イベント
Space Kids Platform コニカミノルタPresents YAC 天空未来教室2014
実施:2014年1月14日
主催:公益財団法人日本宇宙少年団(YAC)
共催:コニカミノルタプラネタリウム株式会社、キャナルシティ博多、四日市市立博物館、さいたま市宇宙劇場、神戸市立青少年科学館、岡山県青年館、高知市こども科学図書館
特別協賛:コニカミノルタ株式会社、株式会社ケー・イー・シー
協力:独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)、大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所、コニカミノルタ株式会社(コニカミノルタプラザ)
技術協力:ブラザー工業株式会社
後援:内閣府宇宙戦略室、文部科学省、情報通信研究機構

⑤名称:星出宇宙飛行士とのリアルタイム交信 宇宙×地球×「きぼう」プロジェクト
SPACE KIDS PLATFORM コニカミノルタPresents『天空未来教室』
実施: 2012年8月9日
主催:公益財団法人日本宇宙少年団(YAC)
共催:コニカミノルタプラネタリウム株式会社、堺市教育委員会、財団法人広島市未来都市創造財団
特別協賛:コニカミノルタホールディングス株式会社
協力:独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)、公立大学法人大阪府立大学、日本サブウェイ株式会社

⑥名称:三菱電機 Presents スペース・キッズ・プラットフォーム 2011
〜古川宇宙飛行士の長期滞在におけるリアルタイム交信イベント〜
実施:2011年8月30日
主催:財団法人 日本宇宙少年団
共催:名古屋市科学館、仙台市科学館
後援:日本小児科学会、中日新聞社(名古屋)、東京新聞(東京)
協力:JAXA(独立行政法人 宇宙航空研究開発機構)日本科学未来館、NPO法人からくりロボット
特別協賛:三菱電機株式会社

⑦名称:横浜で宇宙を体感しよう!プラネタリウム×宇宙食×空気ロケット
実施:2014年8月14日・15日・16日
主催:相鉄グループ、コニカミノルタプラネタリウム株式会社
特別協力:宇宙航空研究開発機構(JAXA)
協力:横浜市

 

<事務局対応、チケット販売、事業運営>

イベントの実施告知から当日までの事務局運営業務。応募者の個人情報を取り扱う場合、主催者との契約締結が必要となります。(事務局はイベント運営と一体にて運営)

(例)

【ピンクリボンフェスティバル】主催:日本対がん協会/2004年より継続
事務局運営、および関連事業全般の運営(東京、神戸、名古屋、仙台/参加総数12000人)

【子どもアイディアコンテスト】主催:本田技研工業/2003年より継続
最終選考会運営(初年度)、以後は事務局運営

【テイスティングフェスタ(世界ソムリエコンテスト同時開催)】2013年 主催:日本ソムリエ協会
事務局運営、チケット販売、東京国際フォーラムでのイベント、IC タグシステム運営

【辻調グループ校創立50周年記念パーティ】主催:辻調理師専門学校コンピトゥム/2009年
事務局運営、東京・大阪パーティ運営(参加総数2000人)

【アペリティフの日】主催:フランス農水省、フランス食品振興会/2005年〜2013年
事務局運営、チケット販売、六本木ヒルズでのイベント運営(参加総数5000人)

【世界料理サミット】主催:世界料理サミット事務局/2009年
フランスボルドー委員会出展ブース運営(2日間・参加総数10000人)

【風車のある風景絵画コンテスト】主催:朝日新聞社/2003 年〜2011年
事務局運営、作品審査会、表彰式運営

<シンポジウム運営>
ステージの企画、演出、進行、主催者・出演者との調整、当日対応業務(来場者受付、場内誘導など)

(例)

【ロータリー財団100周年記念シンポジウム】(2016年11月/主催:日本ロータリー学友会)

【集英社文庫創刊40周年記念特別企画『岳飛伝』刊行開始記念トークライブ
北方謙三×綾小路翔(氣志團)】(2016年12月/主催:集英社 朝日新聞メディアビジネス局)

【地球教室「かんきょう 1 日学校」】(2009 年より継続/主催:朝日新聞社)

【朝日新聞スポーツ チャレンジA】(2015年〜より継続/主催:朝日新聞社)

【朝日健康・医療フォーラム】(2017年3月/主催:朝日新聞社)

【障がい者スポーツシンポジウム】(2015年、2017年/主催:朝日新聞社)

【バーチャル高校野球 記者発表】(2016年6月/主催:朝日新聞社)

【CHANGE Working Style シンポジウム】(2016年12月/主催:朝日新聞社)

【目指せ!工学女子】(2009年より継続/主催:朝日新聞広告局)

【ダイバーシティー推進シンポジウム】(2010年〜/主催:ダイバーシティープロジェクト推進委員会)

【朝日・食フォーラム】(2013年〜2014年/主催:朝日新聞社)

【21世紀の資本日本語版発刊記念 著者ピケティ氏 来日シンポジウム】(2015年1月/主催:朝日新聞社)

【法隆寺金堂壁画調査」記念シンポジウム】(2015年12月/法隆寺、朝日新聞社)

【CKDセミナーin東京 あなたも慢性腎臓病(CKD)の予備群かもしれません。】(2014年より継続/主催:バイエル薬品株式会社、公益財団法人 日本腎臓財団)

【朝日「音楽大学・音楽学部 体験フェア】(2013年より継続/主催:朝日新聞メディアビジネス局)

【市民公開講座 骨の健康を守るヒケツ】(2014年〜2016年/主催:「MBP」研究会)

【文化庁主催シンポジウム 食文化を考える!】(2016年11月/主催:文化庁)

【朝日新聞メディアプレゼンテーション】2014年 主催:朝日新聞社
全体進行、音響・照明、演出、舞台設営、受付業務など

【J リーグ開幕20周年記念イベント】(2013年/主催:朝日新聞社、公益財団法人日本プロサッカーリーグ)

【メナード 働く女性のためのイルネージュセミナー】(2006年〜2010年/主催:朝日新聞名古屋本社広告局)全国20地区にて開催

 

<展示会運営>

【アサヒカメラ90周年記念イベント】(2016年10月/主催:アサヒカメラ)

【リオオリンピック・パラリンピック写真展】(2016年8月〜9月/主催:朝日新聞社)