JM&COMPANY official site

2019年12月、都内で開催された上記のイベントを実況中継システムで運営した。コンテストに参加した選手が実技を競う実習室の様子を3台のカメラ(iPhone)で撮影、これらをリアルタイムで編集した映像を別会場で放映、その様子を見ながら解説者が実況中継をした。

さらに、この実況解説の様子を別のカメラで撮影し、これと実習室の映像をリアルタイム編集した映像をYouTubeに配信した。 なお、このイベントはコンテスト当日に審査を行い、最終結果を東京丸の内のJPタワーホールでの表彰式で発表。その様子もビデオで撮影し、YouTubeで配信した。

(全国学校給食甲子園/サイトリンク) https://youtu.be/TsgQodZges8

2020年1月、都内プラネタリウムでのイベントをサテライト中継した。

メイン会場の有楽町「プラネタリア東京」にはゲストが登場して、新しいプラネタリウムのコンテンツを発表、ここにプレスが集まり、その様子を取材した。

サテライト会場は押上のスカイツリーにある「プラネタリウム “天空”」。事前に申込みをした来場者たちはメイン会場の様子を天井にある大形スクリーンで観覧。

メイン会場に用意した大型モニターにサテライト会場の来場者の様子を映し、ゲストはモニターの来場者に向けてメッセージを送った。

(コニカミノルタプラネタリウムのサイトリンク)https://planetarium.konicaminolta.jp/tenku/program/planetarium/winter_19_2/

ISS(国際宇宙ステーション)は地上400kmの軌道上を90分で1周する。その速度は秒速約7.7 km/s。ちなみにライフルから発射された弾丸の秒速およそ1 km/s。ISSは弾丸より早い速度で移動していて、東京・大阪間ならば約1分。

地上との交信では30分ごとに通信衛星を切り替え、その前後に調整時間があるため、実際の交信時間は約20分と定められている。2016年のケースのように20分で全国6会場とのやりとりを手際よく進めるためは司会進行の役割がとても重要。

ISSからの音声は地上36000キロにある静止軌道上の通信衛星を経由して地上(ヒューストン)に送られ、ここからさらに海底ケーブルを通じて筑波のJAXAに至る経路をたどるため、会話の途中に約7秒間の時間差が発生する。信号(電波)は光速で移動しても、その途中を経由する機材の処理時間が原因とのこと。

コントロールセンター

メイン会場と複数のサテライト会場で映像・音声をやりとりする場合、それぞれの会場が個別に調整するのはかなり面倒。さらに、映像や音声の信号をデジタルに変換してやりとりするPCの設定の調整も必要になる。そこで、これらをまとめてコントロールするセンターが必要になる。

バックアップ回線

全体をつなぐネットワーク回線は、異なる通信キャリアの回線を用意して本線、バックアップ回線とすれば、突発的なトラブルに対応が可能になる。ただし、新たなネット回線の敷設が必要な場合、会場との調整、回線事業者との確認などかなり面倒かつ煩雑。よって、本番までの準備期間はかなり余裕を見ておく方が安心。

イベントの現場にはさまざまな物品やら道具やら資料などが持ち込まれる。限られたスペースを効率的に使うには、これらを程よく整理しておくスペースとツールが必要になる。たとえば、普段はコンパクトに収納できて、簡単に持ち込めて組み立てられる棚などがあればベスト。

とはいえ、そんな都合の良い代物はなかなか見つからない。棚というものは本来、設置したら継続的に利用するもので、ある時は収納して、またある時は組み立てて使う、なんて棚はそもそも存在しない。ということで、世の中にないならば自分で作るしかない。かといって、無駄なコストはかけたくない。できればなるべく手近な物を利用してコストをかけずに作りたい。

そこで、紙菅を柱にして、これと板段ボールを棚板にして作ることにした。(組み立てイメージ図は下記)

紙管は大判プリンターの用紙が巻かれていたもので、事務所には大量に余っていた。そこで、紙菅を柱にして、これと板段ボールを棚板にして作ることにした。これを糸鋸で加工して、棚板と繋ぐ部分のパーツは3Dプリンターで作成したそこで、紙菅を柱にして、これと板段ボールを棚板にして作ることにした。紙管は大判プリンターの用紙が巻かれていたもので、事務所には大量に余っていた。そこで、紙菅を柱にして、これと板段ボールを棚板にして作ることにした。(出来上がった柱と繋ぎ部分のパーツ)

組み立ててしまえば意外と強度もあり、それなりに使える代物になった。ちなみに、棚のサイズは高さ50cmに棚板が3段、幅1mを真ん中で仕切ったものが1セット、これが計10セット出来上がった。組み立ててしまえば意外と強度もあり、それなりに使える代物になった。

« 戻るもっと見る »