星出宇宙飛行士との交信

 

 

コニカミノルタPresents「天空未来教室」

2012年8月9日、日本宇宙少年団主催で実施された、当時ISSに長期滞在中の星出宇宙飛行士との交信イベントの模様をレポートします。   >>イベント概要 / 詳細プログラム
本イベントは、東京・大阪・広島の3つのプラネタリウムをテレビ会議システムで接続し、3地区の子どもたちが星出宇宙飛行士とリアルタイムで交信しました。

<会場>
東京:コニカミノルタプラネタリウム“天空” in 東京スカイツリータウン®
大阪:ソフィア・堺プラネタリウム「堺星空館」
広島:広島市こども文化科学館

 

合計913名の参加者が3会場のプラネタリウムに集まりました。
まずは、東京、大阪、広島をテレビ会議システムでつなぎ、専門家の先生方による「宇宙談義」で、最新の宇宙開発と可能性について学びました。
各会場の独自プログラムをはさみ、いよいよ星出宇宙飛行士との交信が始まります。

NASAを通じて、ISSとの通信回線がつながりました。
「星出さん、こんばんは!」

たくさんの参加者の中から選ばれた、各会場の代表の子どもたちが順番に星出さんへ質問を投げかけます。

「宇宙農場の事を読みましたが、星出さんは宇宙でどんな野菜を食べたいですか?」
「長期滞在して、何に一番困りますか?」
「地球上では生活のリズムを太陽の動きで決めますが、宇宙ステーションでは、時計以外で生活のリズムを決めるものがありますか?」

子どもたちの質問に、星出さんは丁寧に、そしてユーモアを交えながら答えてくれました。

最後に、星出さんから子どもたちへ、メッセージが送られました。
「友達と仲良くして、夢に向かって頑張ってください。宇宙ステーションから、応援しています」

 

ISSからの応援メッセージに、どんな夢を思い描いたのでしょうか。興奮冷めやらぬ表情で、子どもたちは会場を後にしました。

      

▲大阪会場                  ▲広島会場

 

今後の開催イベント
>天空未来教室2014(2014/01/14)
白熱宇宙道場(2013/12/01・2014/03予定)