少年と自転車(gamin au velo)

昨日はいっぱいいっぱいになっていた所を、友人が連れだしてくれました。久しぶりに見た仏語の映画「gamin au velo」
「少年と自転車」という邦題がついていました。日本で実際にあった話を映画化したのだそうで、泣かせる映画にしようと思えばいくらでもその要素があるのに、淡々とフィルムが回って断定的な終わり方をしないところ(pas decidement)はまさにフランス映画だなあという感じでした。

http://www.bunkamura.co.jp/cinema/lineup/12_bike.html

なんとなく肩の力を抜いてくれたほっこりした一日でした。