インディアンとソーセージ

インディアンとソーセージ
この二つに共通するものは何でしょう?

ある多国籍な会合で日本のマナーが分からないからお前が席順を決めてくれと言われました。
「主賓はこちら、ホスト側のトップはこちら」…と2~3人椅子を示した後、「後のソーセージ(人)はめんどくさいから適当に座って。」それを聞いてその場は大爆笑。

日本のしきたりは面倒だなぁと眉をひそめていた青い目の人達の緊張がその一言で一気に解けたのがよく分かります。

この時に使った言葉が「ソーセージ」。「どうでもよい人」を普通英語では「インディアン」というそうですが、インド系の人もいたのでそれに配慮してとっさに「ソーセージ」と口をついて出たのは、
前夜スイスドイツ人と飲んだ与太話で仕入れていたから。「そういう輩をドイツ語ではソーセージって言うんだ」とか。

ちなみにフランス語で「ソーセージ(andouille)」というと「間抜け」というニュアンスも入ってしまうので、ご用心。

Quel est le point de commun entre l’indien et la saucisse?

Mon mari a ete demande d’attribuer des places pour une reunion a Tokyo,puisque les participants etrangers ne sont pas forts a la maniere japonaise.
Alors il indique “vous,vous vous asseyez ici. “,”vous,voila”,”vous,voici”……apres il a crie tout a coup,”les gars,saucissons(=le reste du monde),comme vous voulez!”en anglais.
Alors,tout le monde a eclate de rire comme son parole ont detendu l’atmosphere. C’est vrai que la maniere japonaise est tres compliquee.

Il n’a dit pas “indians(qui sont peu importants)”en anglais,parce qu’il y a un vrai indien dans les assistants.Ce qu’il utilise le mot”saucissons”,c’est parce qu’il savait une expression des gens qui n’ont pas de sense, en allemand.Quel bon esprit!