ジーン・ワルツ

海堂尊さんの『ジーン・ワルツ』という本を読みました。
山崎さんの『白い巨塔』を読んだ時も衝撃でしたが
その後、大学病院医局の閉鎖性が問題になって
≪医療改革≫を行った結果、地方医療が打撃を被った事は知りませんでした。

ジーン(gene:ジェン:遺伝子)のワルツとは何と私的な表現でしょう。医師と作家の二足の草鞋を履く作者ならでは。
研究者の友達に「最近は論文ばっかり書いてて、もう情緒的な文章は書かれへんようになってしもた」と言った人がいましたが、どちらも器用にこなせる人はいるんですね。。。