profile

「2003年から2006年ジュネーブへ帯同。生活言語の仏語が「聞こえない、読めても書けない」生活が続いた後、幾多の友(含む主人)に助けられ、子育てしながら、語学学校や大学へ。
アリアンスフランセーズのディプロムラングの資格を取得直後、帰国決定。
帰国後の一年間は外資系企業事業管理部でサラリーマン生活。会社の拠点移転に伴い、フリーに。フランス語を通して社会参加。助けてくれた友たちに恩返しするつもりでフランス語に関することなら何でも参加。現在は、翻訳・語学学校講師としての活動がメインに。
「面白い」と言ってくれる人の言葉や、その人の目の輝きが原動力」