音に付き合う(le son est la lecon)

フランス語を勉強する時は、良く言われることですが音が大切になってきます。
日本に居ると、なかなかフランス語の音を聞く機会が足りません。
音読してもらうと、CDをよく聞いている人とそうでない人の違いがよく分かります。さらにディクテ(聞き取り)では顕著にその差が開いてきます。youtube,film,radio…
自分が「何をしても聞こえない」と閉塞感にさいなまれた時のことを思い出して、どうすれば聞こえるようになったか考えてみるに、やはり聞いている量と時間に比例して聞こえるようになっていったというのが本当のところです。

あせらず、怠らず、フランス語の音に付き合う時間を重ねて行きたいものです。

Pour les debutants,on entend pas bien,et ils disent qu’ils ne comprennent rien.C’est vrai,mais il faut se patienter a ecouter,ecouter,ecouter le francais avec le youtube,les CDs,les films,la radion internet,pourquoi pas.Bon courage!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>