毎月1日は映画の日(la journee de film)

昨日『最強のふたり』という仏映画を観に行きました。
パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった富豪の男と、介護役として雇われた黒人青年のやりとりを切り取ったストーリー。誇張・脚色はあるでしょうが、事実に基づいた話だそうで、機会があれば、ぜひ原作を読んでみたい、そんな気になりました。

Le second souffle suivi du Diable gardien de Philippe Pozzo di Borgo (13 octobre 2011)

Tous intouchables ? de Philippe Pozzo di Borgo, Jean Vanier, Laurent de Cherisey et Vivianne Perret (15 mai 2012)

作者の一人Philippeはおそらく作中の主人公。黒人の落書きを将来有望な画家の絵として110万ユーロに変えた有能な企業家でもあります。小説化、映画化にまで持ち込んだこの作品。障害があろうがなかろうが成し遂げられることはある、そこにはやはり「人を生かす、最適な人と人の組み合わせ(trouver des personnes qui soient plus competentes)」というキーワード(mots-cles)が隠れているような気がしてなりません。

それにしても、作中に出てくる俗語の多いこと、多いこと。「そんなの学校じゃ、普通だよ」と言う娘,「そう言えば『Salut mec!(やあ、同僚)』にあたる日本語がない」と嘆いていました。南仏のスラム街の映像にも軽いショックを受けた様子。
今日1日は映画の日。読書もいいけれど、映像の情報もたまには新鮮です。

J’ai vu le film en francais titre”Intouchables”avec ma fille et cela m’interesse a lire “Le Second Souffle”.
Le hero,peut-etre un auteur Philippe,a realise des livres et enfin ce film .
Je me sens qu’il vive bien et profite bien sa vie au maximum avec les promotions des gens “competents”.On ne peut pas vivre tout seul,et il le sait tres bien avec son handicap.Mais ce que j’admire,c’est qu’il a bien devine qui est le plus naturel,le plus honnete avec lui.Entoure des flatteurs et flatteuses avec sa richesse,je trouve que ce serait tres difficile.J’ai le droit de vie et de mort de moi-meme.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>