一番搾り(premier jus)

最近、週末のお買い物の後にお茶をご馳走して貰うのがマイブーム。混んでないお店を見つけてすれ違いの1週間を埋めるほんの少しの時間が意外に大きかったりします。

ところで17世紀植民地からフランスに広まったコーヒーにも、一番茶ならぬ
un premier jus(一番搾り)という言い回しがあります。

第一次大戦・第二次大戦と穏やかならぬ時代の言葉。つまりは最新鋭部隊(un militaire de premiere classe)、今で言うと ピカピカの人物、選りすぐりの生え抜き君という意味します。

たとえば
Le juteux accueillit les premiers jus par un borborygme indechiffrable.
特務曹長は「生え抜きたち」を迎える時にお腹が鳴ってどうしようもなかった

http://www.languefrancaise.net/bob/detail.php?id=14122

ちなみにフランス語の場合、普通、形容詞は後ろから名詞を修飾しますが、序数(第一のpremier・プルミエ など)は前にきますね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>