素敵なおばあちゃん

トシを取るとだれしも頑固で我がままで手に負えなくなりますが、素敵なおばあちゃまにお会いしました。「まあ、おばあちゃんですって?!私が?おほほほ」と笑い飛ばされそうですが、戦前のお生まれですから、おばあちゃんってこっそりお呼びしても許してもらいましょう。
人間、意欲と好奇心があると、いつまでも老けないものなんですね。かなりの読書家、かなりの行動派。隣町までボランティアに出かけたり、欲しい本を銀座まで探しに出かけたり。「あなたに勧められた『葉隠』見つからないんだけど」

ご自分のお母様やお義母さまも看ながら、カフェで『Rebecca』という英語の本を読んでいたりする。その一方で「これは私の枕頭の書にするから、貸してあげないわよ」と漫画の『テルマエ・ロマエ』を大切に持ち歩いていたりする。何でもローマ史の考察が深くて面白いのだそうで「映画はダメ。下品だから。」ときっぱり。ちなみに彼女の『テルマエ・ロマエ』評は「作者のヤマザキさんはきっと『内村鑑三』を読んでいるはず」なのだそうです。

周りを多少振り回しながらも、自由に楽しく思うままに生きられる。女性が元気で長生きなのは人生を楽しむコツを心得ているからかもしれません。