総会(actionnaire)

総会の季節です。会社勤めから離れて久しくなりますが、総会決議の通知で昔縁のあった会社がどうなっているのか知るのは楽しいことです。あの人はどうしているかしら、この人はここで頑張っているのね。一人ひとりの顔を思い浮かべながら数字を眺めるのは、毎年の楽しみでもあります。
C’est la saison des assemblees generales des actionnaires.Je me rejouis de regarder les etats financiers qui ont ete publies,en imaginant chaque visage de ex-collegues.

今年は東電が荒れたそうですね。昔はいかにシャンシャンで終わるかがカギでしたが、今ではかなり様子が変わりました。
Cet ete on avait beaucoup de questions dans l’assemblee generale des actionnaires de Tepco qui a les centrales Fukushima.

会社の存続はストックホルダーのみならず、ステークホルダーも視野に入れられるかどうかにかかっているではないでしょうか。
J’espere qu’il paie attention aux paroles d’habitants de Fukushima,non seulement aux titulaires de droits.

幸せ!

une belle journee単純に嬉しいです。今日、私を泣かせた人がいました。嬉し泣きなんて何年ぶりでしょう。大好きな人達と楽しく笑えるというのは本当に幸せです。
これを読んだ皆さんにも、幸せのおすそわけを少しずつ。どうぞあなたの大好きな人達にも幸多からんことを。

Je suis simplement ravie d’avoir bons amies qui felicitent mon bonheur.Une amie a fait un gateau pour moi.Il y a longtemps que je n’ai jamais goute du gateau de maison.
Au fait,un monsieur respectieux m’a invite gentiment une fete au 2 juin,et Elle est tres contente d’apprendre la cuisine supreme,alors elle a tout de suite pratique pour mon gateau.
Quelle magnifique journee! Je vous embrasse tres fort!

頭がある?(avoir la tete sur les epaules)

「しっかりしている」を仏語で訳すとどうなるかなぁというのがここ2~3年の懸案事項

Cela fait longtemps que je me demande comment peut-on traduire un mot japonais[shikkari] en francais.

けして「solide」ではないのです。
たしかに辞書には「しっかりした」という訳もあるのですが
solideだと「丈夫な、固い、固体の…」 どちらかというと、「友情がずっと変わらない(しっかりした)」とか「たくましい若者(がっしりした)」という感じ。
日本で「しっかりした子だね」という場合、褒め言葉であって「変わらない、融通が利かない」というのとは違うはず。
Ce ne serait pas exacte[solide,ferme,sur,courageux...],plutot je prefere[raisonnable,equillible,independant...],parce que cet adjectif qualifie une personne qui sait penser et agir soi-meme.

刑事コロンボの仏語版で出てきた「equillible(バランスのとれた)」が妥当なところかなと思いつつ、まだピンとこなかったのですが、今では「avoir la tete sur les epaules(両肩の上に頭が乗っている)」という言い回しが何となく「raisonable(分別のある、常識に合った)」という感じがして、「しっかりした」に近いのではないかと思っています。
Recemment j’ai trouve une expression proche[avoir la tete sur les epaules].

日本で「頭がついているでしょ?頭は身体の重しじゃないのよ」と言うと
「頭を使いなさい、考えなさい(思考)」の意味になるのに、
仏語で「頭がある」とは「分別がある(理性・社会概念・モラル)」の意味になるとは
面白いですね。
C’est interessant quand on dit《avoir la tete sur les epaules》en japonais,on signifie《Pensez et cherchez des solutions!Ce n’est pas la decoration sur les epaules.》

大阪を見に(pour aller a Osaka)

いいお天気!いい季節。旅に出る人も多いのではないでしょうか。
Il fait beau! C’est la saison ideale.Je crois que beaucoup d’amis sont train d’organiser les voyages,les vacances d’ete.

『プリンセス・トヨトミ』と『レッド・ゾーン』がほぼ同時に読み終わりました。
どちらも大阪のことが出てくるので、なんとなく大阪を見に行きたくなりました。
Moi aussi,j’aimerais visiter a Osaka,chez mes parents,car j’ai fini de lire deux livres dont la scene etait a Osaka.

ジュネーブからお友達も来日することですし、ちょっくら大阪まで会いに行ってきますか。
Une amie qui vient de Geneve arrivera a Osaka,alors je la visitera.
peut-etre Osaka est a 500km de Tokyo.

Autre temps,autres moeurs(郷に入っては)

最近雨が多いですね。傘をお忘れなく。
C’est la saison de pluie au Japon.N’oubliez pas le parapluie pour sortir.

ヨーロッパの人は傘よりレインコート(防水ベスト)をよく使うようです。手が自由になるからでしょうか。
Je trouve les europeens utilisent l’impermeable plus souvent que le parapluie.
C’est vrai que l’impermeable est pratique avec les mains disponibles.

日本は多湿で、混んだ通勤電車を考えると、レインコートは敬遠されがち。
mais chez nous avec beaucoup d’humidite,l’impermeable n’est pas agreable、
et puis avec le train complet du matin…

仏語には《別の時代には別の作法がある》という諺がありますが、日本語で言う《郷に入っては郷に従え》といったところでしょうか。
On ditait 《Autre temps,autres moeurs》en francais,par contre chez nous les japonais disent que 《Autre quartier,autres moeurs(les habitudes changent d’un endroit a l’autre)》.

この場合、「時代が変われば作法も変わる」ではなく、まさに「郷に入っては…」ですね。
日本語が「空間の違い」を言うのに対して,仏語は「時間の違い」を言っている点が面白いです。
C’est interessant qu’il s’agit d’une difference d’espace en japonais et d’une difference de temps en francais.