雪が降る(tombe la neige)♪

昨日から寒いなあ、我ながらよく食べるなあと思っていたら、なんと3月を目前に粉雪!

食欲が衰えないのはいつもの事ですが、身体が防御するのでしょうか、寒くなると、暖かくて さらにカロリーの高いものが恋しくなります。

ところで、今年の冬は例年になく雪が多いような気がしますが、「雪が降る」を仏語で言うと  「il neige:イル・ネージュ」
主語を三人所単数でしかとらない「neiger:ネジェ」という動詞があります。似た動詞に「pleuvoir:プリュヴワr:雨が降る」→「il pluit:イル・プリュ」

「il」は「彼」を指さない「非人称のil」と言われる代名詞です。
日本語直訳風に「la neige(雪が)tombe(降る)」と言う事も。この場合は「気候がお天気でなく雪だった」というよりはもっと雪に焦点があたっていて、空から落ちてくる雪を見つめている感じが出ます。

短い主語は時々動詞の位置とひっくり返ること(inversion)があって、アダモの歌になったのは「tombe la neige:トンブ・ラ・ネージュ(雪が降る)」。。。母がよく口ずさんでいたメロディです。