フリース

最近は軽くてカラフルなフリースが大流行。
フリースってフランス語でなんというのでしょう?

3択です。

(1)la laine polaire
(2)la laine synthetique
(3)la laine Polyéthylène téréphtalate (P.E.T)

直訳すると
(1)北極ウール
(2)合成ウール
(3)ポリエチレンテレフタラート・ウール(petウール)

気温が下がると冬物衣料の購買が上昇するといいますが、今年の寒さはネットショッピングの注文が一割以上多くなっているそうですね。

そして正解は
(1)la laine polaire(北極ウール)

毛皮ではないのに毛皮のようなネーミングです。
ちなみにマイナス30度の世界に生きているロシアの友達は「毛皮がなくちゃ凍えてしまう」と言っていました。重くて手入れが面倒でも極寒の世界に生きる人々にとっては、自然に勝る素材はないということでしょうか。