la Chandeleur(聖母お清めの日)

日本では3日に節分(立春の前日)で春を祝いますが、フランスやベルギーでは、   2月2日に「Chandeleur(シャンドラー)」といって、クレープを食べます。
金色に丸く輝くお日様に似たクレープは春の訪れを祝い、来年の豊作を願う食べ物というわけです。

Pourquoi mange-t-on des crepes a la Chandeleur?

なぜシャンドラーの日(2月2日)にクレープを食べるの?

A cette epoque de l’annee commencaient les semailles d’hiver:on se servait donc de la farine restante pour confectionner a la Chandeleur des crepes,symbole de prosperite pour l’annee a venir.

その頃は種まきを始める時期:だから、残しておいた小麦を使って、来年の豊作を祈るシャンドラーのクレープを作るのです。