消費税

ヨーロッパは,なかなか大変そうです。

日本の消費税にあたるTVA(付加価値税:taxe sur la valeur ajoutée)を21.2%に引き上げる言明した仏ニコラ・サルコジ大統領。再選出馬をにらんで、財政赤字のGDP比3%を達成なるか、というところです。

さて、Quand on commence le TVA(taxe sur la valeur ajoutée)? いつ頃、TVA(付加価値税)が導入されたのでしょうか?

La taxe sur la valeur ajoutée ou TVA (付加価値税)est un impôt indirect sur la consommation.
付加価値税(TVA)とは、消費に対する間接税。

C’est un impôt relativement récent, institué en France par une loi du 10 avril 1954.
意外に最近、1954年4月10日にフランスで導入された、のだそうです。

消費税5パーセントで済んでいる日本に比べれば、20%は相当な数字。景気の落ち込みも、すぐに消費に反映されてしまうのだろうと推測できます。

古紙

古紙は永遠に再生されるのでしょうか?
Le papier est-il recyclable a l’infini?

Contrairement au verre et a l’aluminium,
ガラスやアルミと違って
le papier n’est pas recyclable infini.
紙はずっとリサイクルできるというわけではありません。
Afin de conserver leurs qualites,
質を保つには
on ne peut recycler ses fibres que 5 a 7 fois.
リサイクルできるのはせいぜい5~7回でしょう。

古紙利用率が高いのは、韓国・ドイツ・日本…の順だそうですね。

http://www.kamipa.co.jp/info/statistics/003.html

recycler(再生利用する)にable(可)がついてrecyclable(再生可)という単語になるのは英語も同じですが、仏語では人間も対象に入ってくるのが面白いところです。

Je remercie a mon respectueux ami qui m’a fait cette espace

まずはこのサイトを用意してくださった方に感謝して。
フランス語が分かるようになりたい、と思っていらっしゃる方への応援ブログになれば幸いです。

Je remercie a mon respecteux ami qui m’a fait cette espace.

ところで、最近教えてもらったのですが、カトリーヌ・ドヌーブの「幸せの雨傘(potiche)」という映画が面白いのだそうです。

カトリーヌ・ドヌーブ扮する傘屋の女房が飾り物の壺(potiche)のような女から見事な経営者に変身していく過程を描いたコメディタッチの映画だそうな。
見てみたいと思いました。

Je vous presente un film qui s’appelle”Potiche”.Si vous avez regarde,envoyez-moi votre commentaire,SVP.