しっかり(思春期)

この夏はお友達が遊びに来てくれたという話をしましたが、自分の膝上くらいにしか目線がなかったくるんくるんのお目目の男の子が、見上げないといけないほどの背丈になって髪を長くしてヒッピーのようになっていたのには、驚きでした。「みんな髪を切れというんだ、おかしいって。おかしいと思う?」と娘に聞いたそうです。「自分がしっかりしてれば、それでイイんじゃない」と答えるとホッとした顔をしていたとか。日本の子もスイスの子も思春期なんだな、と可笑しくなりました。

ところで、昔、「しっかりしている」の仏訳に困った事があったので、「フランス語で『しっかりしてる』なんて何て言ったの?」と娘に聞きましたら、「Si tu te croyais bien(自分を信じているなら),tu pourrais pas te changer.とかだったかなぁ」 なるほど。日本語で逆訳してみると、「自分のこと信じてるなら、変えなくていいんじゃない?」。とっても偉そうなことを言っているように感じますが、その場面ではその訳がぴったり!同じ「しっかりしている」でも『名探偵ポワロ』の中では「equillibre(バランスが取れている)」を使っていたので、状況に合わせて、単語を選ばなければいけない「訳しにくい日本語」のカテゴリーに入るのでしょう。
しっかりしなきゃね(Il me faut bien etudier!)

Ma fille a guide une famille de son ami cet ete et elle m’a dit qu’ils s’etait bien contents de changer des idees si longtemps.
Et j’avais une question a faire:「Shikkari-siteiru(adjectif)」en japonais,comment tu dis en francais.Alors elle m’a repondu que “Si tu te croyais bien,tu pourrais pas te changer…”.Oui,bien sur que oui.Je ne pouvais pas trouver ce mot depuis longtemps,mais on pourrais pas directement traduire en francais,parce qu’il y a tant de significations dans ce mot 「Shikkarisiteiru(adjectif)」;bien grandi,sage,intelligent,equilibre,mature,mais pas parfait…Plutot on utilise ce mot en qualifiant les adolescent(e)s.Merci ma fille.
Il me faut bien etre “Shikkari”.

花火(feu d’artifice)

15日は大田区の花火、
昨日は川崎市と世田谷区の合同花火…と
あちこちで花火が見られる季節になりました。

ところで花火はfeu d’artifice(フー・ダーティフィス)
直訳すれば「人工の火」euで終わるので複数はXが付く所に
注意です。

レマン湖の花火が近づくたびに「これが終わると秋ですね」と
あいさつを交わしていたことを思い出します。

On a admire des feux d’artifice de notre balcon
comme d’habitude avec mes voisines.On etait 7.
On a beaucoup mange et on a trop bu,mais
c’etait tres sympa comme d’habitude.

J’espere de revoir les feux d’artifice sur le lac Leman l’ete prochain.

インディアンとソーセージ

インディアンとソーセージ
この二つに共通するものは何でしょう?

ある多国籍な会合で日本のマナーが分からないからお前が席順を決めてくれと言われました。
「主賓はこちら、ホスト側のトップはこちら」…と2~3人椅子を示した後、「後のソーセージ(人)はめんどくさいから適当に座って。」それを聞いてその場は大爆笑。

日本のしきたりは面倒だなぁと眉をひそめていた青い目の人達の緊張がその一言で一気に解けたのがよく分かります。

この時に使った言葉が「ソーセージ」。「どうでもよい人」を普通英語では「インディアン」というそうですが、インド系の人もいたのでそれに配慮してとっさに「ソーセージ」と口をついて出たのは、
前夜スイスドイツ人と飲んだ与太話で仕入れていたから。「そういう輩をドイツ語ではソーセージって言うんだ」とか。

ちなみにフランス語で「ソーセージ(andouille)」というと「間抜け」というニュアンスも入ってしまうので、ご用心。

Quel est le point de commun entre l’indien et la saucisse?

Mon mari a ete demande d’attribuer des places pour une reunion a Tokyo,puisque les participants etrangers ne sont pas forts a la maniere japonaise.
Alors il indique “vous,vous vous asseyez ici. “,”vous,voila”,”vous,voici”……apres il a crie tout a coup,”les gars,saucissons(=le reste du monde),comme vous voulez!”en anglais.
Alors,tout le monde a eclate de rire comme son parole ont detendu l’atmosphere. C’est vrai que la maniere japonaise est tres compliquee.

Il n’a dit pas “indians(qui sont peu importants)”en anglais,parce qu’il y a un vrai indien dans les assistants.Ce qu’il utilise le mot”saucissons”,c’est parce qu’il savait une expression des gens qui n’ont pas de sense, en allemand.Quel bon esprit!

Limoger(リモジェ:罷免する)

フランスにリモージュという町があります。陶器で有名な町ですが、
世界第一次大戦で負傷して使えなくなった将士たちを第一線から引かせてこの町へ送ったといいます。
転じて、limoger(リモジェ)するというと「左遷する、罷免する」という意味になります。

この動詞はmanger(食べる)という動詞と同じでnousの現在形の活用の
時にeが残ってnous limogeonsになるのが特徴です。

Il y a la belle ville,Limoge en francais et on dirait qu’un generale francaise a envoye pour eloigner du front que les generaux juges incapables furent pries de sejourner. Et le terme ”limoger” (envoyer a Limoges) est ensuite reste.

習うより慣れろ(C’est en forgeant qu’on devient forgeon)

あるクラスにフランス語ネイティブを連れて行きました。
話せるようになるにはまずは大きな声で音読すること
音をたくさん聴くこと
そしてこう言う場合にはどう言えばいいかなといつも頭の中で組みたてるようにすることだと思います。
Mon ami a visite dans ma classe et mes eleves ont eu une bonne occasion de parler en francais.

けれど、実際に話す機会がないとなかなか後回しになってしまうもので、かなり高度な文法を習得していても、いざ話すとなると口から出てこなくなったりするものです。
Mais elles ont broque de parler.

「やらなくちゃ」という「気づき」につながればと思いましたが、やはり皆さんかなり緊張されてしまったようで、習ったはずの簡単なフレーズも口から出なくなってしまったようでした。
習うより慣れろ。もっと会話練習を盛り込んだ方がいいのかなと反省しきりの1日でした。
J’espere que cela les a stimulees et qu’elles auront beaucoup de motivations de parler et d’apprendre le francais.