あおによし奈良(la visite a la ville ancienne,Nara)

久しぶりに奈良の大仏を拝みに行きました。

 実はお正月は帰省できなかったので、寒さも緩んだ木の芽どきに奈良に集まって、誰かの傘寿やら、金婚式やら、昇進祝いやら、表彰祝いやら、口実はともかく、一緒に温泉でもと一石何鳥かにしたのです。今回は年賀状でしかつながっていなかった叔父叔母夫婦にも声をかけて、結構盛大な楽しい会になりました。

 思えば、毎年お正月やらお盆には集まっていた一族の長も一人欠け二人欠け。若い時にはうっとおしいだけだった集まりも、この年齢になると、自分の昔を知る人と語り合うのは楽しいものでした。自分も人生の折り返し地点に来たということなのでしょうか。

 昔は皆寄ると、いとこが10人近くいたものですが、今は若い人が少なく、一つ下の世代は2人しかいません。 こういう人たちに、縦・横だけでなく斜めの人間関係をおもんぱかれと言うのは難しいのかもしれません。だからこそますます、世代を超えて、性差を超えて、国境を超えて、違う価値観の人と積極的に考えを交換できるよう、相手に何が必要か、想像力を涸らさないよう意識すべきなのだと痛感します。

Je suis allee a Nara avec ma petite famille en TGV,parce qu’on s’est reunis,ma grande famille avec mes parents,meme la famille de mon oncle.On a loge pour une nuit dans un petit hotel avec le bain termal.Ma tante habite a Nara depuis son enfance et elle nous a guide et a fait de bonnes presentations.Elle connait bien de petites choses:un guichetier etait le frere d’un chanteur,Takao Horiguchi.La grenouille “Moriao-gaelu”dans un temple.Un petit raccourci sur la belle promenade.Un bon restaurant de Tofu…C’etait sympa.

Je trouve que la manque d’occasion de reunir la famille cause de la manque d’imagination sur les relations humaines plutot chez les jeunes,parce qu’ils n’ont pas d’occasion d’imaginer les idees de gens des autres generations sauf ses parents. Ma fille a 3 tantes et 1 oncle mais son enfant/s(donc le futur mon petit enfant) n’auront ni oncle ni tante,parce qu’elle est fille unique.Faut changer conscienmment des idees entre les gens des autres generations,d’autre sexe,des autres nationalites… Sinon la manque d’imagination nous entrave facilement.

しっかり(思春期)

この夏はお友達が遊びに来てくれたという話をしましたが、自分の膝上くらいにしか目線がなかったくるんくるんのお目目の男の子が、見上げないといけないほどの背丈になって髪を長くしてヒッピーのようになっていたのには、驚きでした。「みんな髪を切れというんだ、おかしいって。おかしいと思う?」と娘に聞いたそうです。「自分がしっかりしてれば、それでイイんじゃない」と答えるとホッとした顔をしていたとか。日本の子もスイスの子も思春期なんだな、と可笑しくなりました。

ところで、昔、「しっかりしている」の仏訳に困った事があったので、「フランス語で『しっかりしてる』なんて何て言ったの?」と娘に聞きましたら、「Si tu te croyais bien(自分を信じているなら),tu pourrais pas te changer.とかだったかなぁ」 なるほど。日本語で逆訳してみると、「自分のこと信じてるなら、変えなくていいんじゃない?」。とっても偉そうなことを言っているように感じますが、その場面ではその訳がぴったり!同じ「しっかりしている」でも『名探偵ポワロ』の中では「equillibre(バランスが取れている)」を使っていたので、状況に合わせて、単語を選ばなければいけない「訳しにくい日本語」のカテゴリーに入るのでしょう。
しっかりしなきゃね(Il me faut bien etudier!)

Ma fille a guide une famille de son ami cet ete et elle m’a dit qu’ils s’etait bien contents de changer des idees si longtemps.
Et j’avais une question a faire:「Shikkari-siteiru(adjectif)」en japonais,comment tu dis en francais.Alors elle m’a repondu que “Si tu te croyais bien,tu pourrais pas te changer…”.Oui,bien sur que oui.Je ne pouvais pas trouver ce mot depuis longtemps,mais on pourrais pas directement traduire en francais,parce qu’il y a tant de significations dans ce mot 「Shikkarisiteiru(adjectif)」;bien grandi,sage,intelligent,equilibre,mature,mais pas parfait…Plutot on utilise ce mot en qualifiant les adolescent(e)s.Merci ma fille.
Il me faut bien etre “Shikkari”.

いただきます(avant manger)

「外国の言葉には敬語がない」なんて言うのは嘘です。
ご存じ、韓国語には日本語と同じくらいたくさんの敬語・尊敬語・女言葉・男言葉があるようですし、当然、仏語にもtuとvousを初め女性しか使わない言葉があります。

成人女性の使う「Charmee」(すてき)を男性が使ったらおかしいですし、男性が女性に「Trés honoré」(大変光栄です)とか「Mes hommages」(私の敬意をあなたに)と言えても、女性は男性に言うとおかしな感じになります。
この辺は何だか日本語と反対ですね。
フランス語では、男性が女性を立てる言い方をすると、品があるという感じになります。

ただちょっと 日本の「どうぞよろしく」とか、仕事場での「お疲れさま」、食事の前の「いただきます」に当たる表現は、フランス語で思い当たりません。

Est-ce qu’il n’y a jamais de language de politesse en francais? Non,non et non!
tu et vous,charmee et tres honore,mes hommages…il y a assez de nuances d’un discours,d’une expression,meme d’une emotion en francais,tres varies et tres profond.

A propos,comment dit-on en francais avant manger a table en exprimant le remerciement que nous pouvons manger grace a toutes les services(le travail des agriculteurs,des commercants…), et toutes les faveurs (pas de secheresse,pas d’innondation,pas de thphon…)”.On dit “Itadakimasu”en japonais.

tuとvous

「日本語には敬語があって難しいですね」と言われます。
「だけど、フランス語もtuとvousがあって、難しいですよ」と答えます。
tu(君)は親しい人、vous(あなた)は初めて会うような人に
使うのだと説明されますが、実際使うのは、難しいところ。

昔、フランス語を母国語にしている友達に「vousからtuになるタイミングが分からない」と言ったら「私も分からない」と苦笑いされました。
親しくなってtuと呼び合っていても、しばらく会わなければvousに戻ってしまうこともあるのだとか。

ギターの先生に先生だから敬意を払わなければと思って
ずっとvousで押しとおしていたら、tuにするタイミングを逸して
周りは皆tuで話しているのに、自分だけよそよそしい話し方に
甘んじざるを得なくなったという日本人の友人もいます。

毎年ひな祭りになるとフランコフォンの友達と話したあれこれを思い出します。
彼女とはしばらく会っていませんが、まだtuで話してくれるでしょうか。

Pour nous,c’est difficile de distinguer comment utiliser entre 《tu》 et 《vous》.
Une amie francophone aussi,elle m’a avoue que c’est difficile surtout a une voisine qu’elle ne rencontre pas depuis longtemps et qui s’etaient tres souvent croisees.
Une autre amie japonaise aussi m’a raconte qu’elle avait perdu l’occasion d’appeler son prof de guitaire avec tu et elle le toujours regrette.
Ce n’est pas juste de dire qu’il n’y a pas de terme de poli dans les langues etrangeres.

毎月1日は映画の日(la journee de film)

昨日『最強のふたり』という仏映画を観に行きました。
パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった富豪の男と、介護役として雇われた黒人青年のやりとりを切り取ったストーリー。誇張・脚色はあるでしょうが、事実に基づいた話だそうで、機会があれば、ぜひ原作を読んでみたい、そんな気になりました。

Le second souffle suivi du Diable gardien de Philippe Pozzo di Borgo (13 octobre 2011)

Tous intouchables ? de Philippe Pozzo di Borgo, Jean Vanier, Laurent de Cherisey et Vivianne Perret (15 mai 2012)

作者の一人Philippeはおそらく作中の主人公。黒人の落書きを将来有望な画家の絵として110万ユーロに変えた有能な企業家でもあります。小説化、映画化にまで持ち込んだこの作品。障害があろうがなかろうが成し遂げられることはある、そこにはやはり「人を生かす、最適な人と人の組み合わせ(trouver des personnes qui soient plus competentes)」というキーワード(mots-cles)が隠れているような気がしてなりません。

それにしても、作中に出てくる俗語の多いこと、多いこと。「そんなの学校じゃ、普通だよ」と言う娘,「そう言えば『Salut mec!(やあ、同僚)』にあたる日本語がない」と嘆いていました。南仏のスラム街の映像にも軽いショックを受けた様子。
今日1日は映画の日。読書もいいけれど、映像の情報もたまには新鮮です。

J’ai vu le film en francais titre”Intouchables”avec ma fille et cela m’interesse a lire “Le Second Souffle”.
Le hero,peut-etre un auteur Philippe,a realise des livres et enfin ce film .
Je me sens qu’il vive bien et profite bien sa vie au maximum avec les promotions des gens “competents”.On ne peut pas vivre tout seul,et il le sait tres bien avec son handicap.Mais ce que j’admire,c’est qu’il a bien devine qui est le plus naturel,le plus honnete avec lui.Entoure des flatteurs et flatteuses avec sa richesse,je trouve que ce serait tres difficile.J’ai le droit de vie et de mort de moi-meme.