JM&COMPANY official site

テレビ会議

カテゴリー work

誰もが簡単にテレビ会議が出来る、スカイプという仕組みがある。学生などには人気のアプリケーションで、使い方も分かりやすく、Wi-Fiを使えば通信料フリー。新しモン好きとしては、これを使って遠隔地を結ぶイベントをしたくなるのは、当然の成り行き。

2011年夏、国際宇宙ステーションと地上3地点を接続するイベントを行うためにテレビ会議を利用することになった。使用するアプリケーションはあえてスカイプは使わず、SOBAというシステムを利用。もとは、京都大学と企業による開発から作られた仕組みで、代表者自身が開発者でもあり、ぜひ、これを使いたいとチャレンジした。

結果的にはトラブルも無く、成功したのだが、本番前の1週間は精神的な修羅場だった。宇宙との交信中にトラブルが発生するという、イヤな夢をいく度となく見ては、夜中に目が覚めた。ここ数年、1つの現場でここまで追い込まれた気持ちになったことは久しく無かった。それほどに、本番でのトラブルが怖かった。

テレビ会議といえば、誰もが映像の画質に気にいく。が、しかし、じつはもっとも厄介なのは音声。いわゆる「音が回る」という現象との戦い。会場のセッティング、進行含めて、とても良い経験になった。

かくして現場は無事終了。