JM&COMPANY official site

コトの真偽は知らねども

カテゴリー コラム | コメントは受け付けていません。

アメリカによく行くルーマニア人の知人が言うには、“ゲイが自由に生きられる街はビジネスとアートが元気いい”と。たとえばサンフランシスコ。男女のカップルに混じり、熱い眼差しで見つめ合う中年男性、そこは2人だけの濃密な世界。これ、必ずしもヘンな御仁とばかりは限らない。どころか、世間的に立派な立場の方もここではOKらしい。なるほど、ビジネスとアートの世界で、常識と一般論だけじゃ勝負にならない。 追記:マトリックスという、いわゆるサイバーパンク映画の監督・ウォシャウスキー兄弟(当時)が近年、姉弟となった。どうやら兄貴分のほうが性転換したらしい。またさらに、女優のジョディー・フォスターが同性婚とのニュースも。ボーダーレス現象は国家と社会を超えて、性別に及ぶ時代に突入か。20世紀は遠くなりにけり。