JM&COMPANY official site

日本とヨーロッパの次元比較

カテゴリー コラム | コメントは受け付けていません。

浮世絵は線で、デッサンは面で構成される。絵画表現を比較すると、日本人は線画で平面を、西洋人は面で立体を作る傾向がある。日本は2次元的、西洋は3次元的だ。最近は変わってきたが、顔の造作も同様かもしれない。同じ植物の実から、日本人が作ると蕎麦(線)になり、フランス人が作るとクレープ(面)になる。。